体調不良の原因

耳鳴りめまい更年期ならではの症状と対処法

更年期は自律神経のバランスが乱れがちです。それに加えて加齢による感覚器官の変化もあり全身に様々な症状が出ます。 更年期の耳鳴りの特徴として、比較的軽い症状で周囲が静かな時に「キーン」「サー」と言う音がするようです。 めまいの特徴は、体が浮いた感じがや足がふわふわとする感覚など「浮動性」の症状が強いようです。更年期の症状としてめまいは代表的なもののようですので、症状が出たときは安静にし、転倒を避ける為無理に動かず出来たら横になって休みましょう。 更年期からくる耳鳴りやめまいは時期が来れば治まるので、特に治療は必要としないようです。しかし、動脈硬化やメニエール病、高血圧など他の病気が隠れていることもあるので専門医にかかったうえで判断してください。

日常で出来る予防法はある?

一般的に更年期障害には「ホルモン補充」治療が勧められますが、ホルモン補充療法は耳鳴りやめまいを強くしてしまう場合があります。必ず医師に症状を告げてください。 他には漢方薬を使った治療もあります、漢方薬がよく聞く人も多くおられるので自分に合った治療法を見つけるのが更年期を乗り切るポイントのようです。 自分で出来る予防法としては、まず自律神経のバランスが乱れやすいのが更年期の特徴ですから、「正しい生活をおくる」事が第一の予防策だと感じます。 決まった時間に起床し就寝する、食事内容に気を付けて食べ過ぎない、適度な運動を行う、などです。 更年期の耳鳴りとめまいには「ビタミンB12]が有効とあります。植物性食品にはあまり含まれないようですので、ビタミンB12を多く含む食材をここにあげておきます。 しじみ、レバー(牛、豚、鶏に含まれる)、あさり、いくら、すじこ、あんきも、たらこなどが含有量が多いようです。 また、ストレスを溜めないことも大切なことですので、うまく生活をコントロールして乗り越えていきましょう。