だれでもある症状

耳鳴りの特徴について

耳鳴りは、ほとんどの人が経験したことがある症状だと思いますが、その原因をはっきり分かっている人は少ないでしょう。 一過性のものであればさほど気にとめないという人も多いでしょうが、慢性的に音が続くようであれば注意が必要です。耳鳴りの原因となる疾患がない、もしくは分からないということもよくあります。耳鳴りが実際体のどこで起こっているのか、何故起こっているのかは実ははっきり分かっていません。加齢とともに音を自覚するというケースも少なくありません。 中には、高血圧や脳腫瘍、聴神経腫瘍などの病気が原因で起こっていることもあります。 このような場合には、耳鳴りを放置すると危険です。年だから仕方ないと放置せず、耳鳴りが長く続くようなら、一度耳鼻咽喉科で検査を受けてみましょう。

種類と治療法について

耳鳴りの種類は大きく分けて2種類で、自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りです。その違いは、音が自分にしか聞こえないか、他人にも聞こえるかという点です。 自覚的耳鳴りは、周囲に音を発するものが何もないのに音が聞こえます。ほとんどの患者さんはこのタイプに該当します。ザーザーという低音や、ピーピーという高音が聞こえます。 他覚的耳鳴りは、他者にも音が聞こえます。例えば聴診器のようなもので患者さんと医師を繋ぐと、医師にも同じ音が聞こえるのです。これは、耳の周りにある血管を流れる血流の音や、耳管の周りにある筋肉の痙攣の音が原因となっているためです。 そのほかにも、難聴を伴うものや急性に起こるものなどがあります。 治療法は、薬物療法や音響治療、心理療法、理学療法、電気刺激法など様々です。この中から、患者さんの症状に応じて最適な治療法が選択されます。