若い人にも存在する

高齢者が増えてきている日本で今増えてきている問題があります。その1つが認知症患者の増加です。今や認知症はそう珍しい病気ではなくなっており、なんと4人に1人が認知症にかかってしまうといわれています。老人になると誰しも記憶が曖昧になったり、忘れっぽくなったりしてしまいます。しかし、認知症はそんな老人性のボケや健忘などとはまったく違います。
物忘れが多くなる原因というのは老化現象の1つであり、高齢者にとって別段大きな問題ではありません。また、老人になり会社との繋がりがなくなることで脳を使わなくなり、それによる劣化で起こるといわれています。
物忘れが酷くなったとしても、生活ができなくなることはありませんし過去の記憶がなくなることもありません。いわば老人性のボケ状態です。しかし、認知症はそうではありませんから日常生活は勿論できなくなりますし、他者に対して攻撃的になったりもします。
やがては人間としての尊厳や人格が崩壊し、動物のようになってしまうのです。
これは老人だけでなく30代、ときには20代の人にも起こってしまうことが確認されており、若年性の患者さんも増えてきています。認知症になれば家族や専門職員の介護が必要不可欠となってしまいますし、本人にも辛い思いをさせてしまうことになります。

認知症はある日突然発症するものではなく、じわじわとおかしな言動が目立つようになります。事故や脳梗塞などの病気や外的な問題がかかって認知症になってしまう人もおりますが、いつのまにか認知症になっていた、発症していたという人のほうが多いのです。
特に病気やケガのような原因がないのに認知症になっている人は脳がびまん性に死亡することでおこる萎縮です。認知症は脳細胞が死んで萎縮することで悪化していく病気であり、1度発症してしまうと進行を止めることはできませんし、死んでしまった脳細胞を元通りにすることもできなくなります。

認知症に関する問題への対策としては、とにかく出来る限り早く病院を受診し進行を遅らせる薬を服用する以外にありません。早く見つけなければいけないのはわかっているのですが、認知症の初期段階では自覚症状もほとんどなく、ついうっかり、疲れているのではというように何か問題が起こっても流してしまうことが多いのです。
そのために、明らかにおかしいという段階まで悪化しなければ病院にもいかず、周囲も指摘しない上に本人も自覚しないというパターンが多くなります。

認知症を予防するためには脳を刺激する、ストレスを溜め込まない、栄養をしっかりととるというように様々な方法があります。認知症になってからではなくならないよう事前に対策しておくことも必要となってくるのです。

だれでもある症状

耳鳴りは様々な原因で誰にでも起こるものですが、あまりにも頻繁すぎる耳鳴りは聴神経腫瘍などの可能性があります。同じ症状を繰り返す、悪化しているのなら即日病院で検査を受けるようにしてください。

More Info

男女両方に

45歳を超えれば多くの女性が更年期に入り、更年期障害という症状を発症してしまうことがあります。男性でも更年期障害にかかってしまうことがあります。これは病院で治療や緩和が可能となっています。

More Info

体調不良の原因

体調の悪い日が続く、原因がわからない、そんな症状は更年期障害かもしれません。これはホルモンの乱れや自律神経の変動によって起こってきますから、悪化する前に病院で治療を始めたほうが楽になります。

More Info